HOME
法人情報
  • 理事長よりご挨拶
  • 潤生園について
  • メディア掲載バックナンバー
  • 活動報告
サービス一覧
  • 施設一覧
  • サービス一覧
  • 特別養護老人ホーム
  • グループホーム
  • ショートステイ
  • デイサービス
  • 訪問介護
  • 小規模多機能
  • みんなの家
  • 配食サービス
  • ふれあい処ひとやすみ
  • ご利用者様の声
求人情報
  • 採用情報
  • 人財養成
お問合せ
 » ふれあい処ひとやすみ
「ふれあい処ひとやすみ」は、地域の皆様が気軽に集える「まちの縁側」です。
介護・保健・医療に関する情報の提供をはじめ、困りごとのご相談窓口や
暮らしに彩りを添える講座の開催等、様々なイベントを企画しております。
みなさまお誘い合わせの上ご利用ください。

ふれあい処 ひとやすみの特色

1. 高齢者の方々の暮らしや介護のご相談

・栄養バランスの良い食事が作れない
・高齢世帯なのでどちらかが倒れた時が心配

2. ご自宅で介護されている方々のご相談

・両親の介護の仕方がわからない
・介護保険サービスの利用方法がわからない

3. ご近所の心配な高齢者に関するご相談

・いざという時にどうしたらよいのか知りたい
・地域にどんなサービスがあるのか知りたい

4. 生活全般について

・子育てや健康について教えて欲しい
・誰かと話したい 無料のコーヒーを用意してお待ちしています

足湯をご用意しています

足からからだ全体を温めて免疫力を高めましょう。 「ふれあい処ひとやすみ」では、みなさまに手軽にご利用いただける”足湯”を設置しましたので、健康づくりにお役立て下さい料金 (1回  100円)

「ささえあいセンター東富水」のご紹介
(2012年9月3日 福祉タイムズ掲載記事より)

関係性を保ちつつ、支えあいの一歩を進める。

小田原市東富水地区は、平成22年からの2年間、国の「市町村地域包括ケア推進事業」のモデル地区となり、拠点施設「ふれあい処ひとやすみ」(運営:(福)小田原福祉会)において、24時間365日対応の相談や見守り活動、住民交流活動の企画・支援等が行われていました。 そこで開催された「”地域で自分にできること”を見つけるための連続講座」をきっかけに、住民間の支えあいの仕組みについて話し合いが始まり、茅ヶ崎市の地区ボラセンへの視察や地区住民調査が行われました。

茅ヶ崎の視察を通して、東富水地区社協会長の下澤禮二さんは「地区の市営団地周辺には商店がない。親戚のいる地域を離れて団地に移り住んできた人たちは、ちょっとした頼みごとをできる相手が近所にいないのでは」と、地区ボラセンの立ち上げに手応えを感じたそうです。市社協と協力して行った「東富水地区幸せづくりアンケート」(全戸調査)では、地区の中に「手伝ってもらいたい」「手伝うことができる」という人がいることが分かり、さらに自信を深めたと言います。

今年4月に地区ボラセン「ささえあいセンター東富水」を開設し、ボランティア登録者数は70人を超え、活動者数はのべ100人に上ります。 「地区には近隣住民に関わってほしくないと思う人もいるし、我々の力ではできないこともある。強引に関わろうとせず、いろいろな考えを持つ人が同じ地区で生活していることに気づき、つながりの中で解決していくことを大切にしたい」

下澤さんの言葉から、小地域の住民活動であるからこそ、相手との距離感を尊重し、関係を保ちながら活動を進めていることが分かります。
地域福祉の活動拠点が開発されたことをきっかけに、そこから住民自らの気づきや問題意識が生まれ、住民活動へとつながり、地区の中に相乗効果が生まれています。

ご利用方法

予約・申し込みなど不要です。直接お越し下さい。
『ふれあい処 ひとやすみ』
(小田原市「ケアタウン構想」に沿って、社会福祉法人小田原福祉会 潤生園が運営する事業です)
〒250-0053 小田原市蓮正寺470-225
Tel: 0465-20-3939  Fax: 0465-20-3938
(火・金曜 9:30~11:30)

施設一覧 地域包括支援センター メディア紹介記事 潤生園 メールでのお問合せ 介護スタッフ募集 ふれあい処ひとやすみ みんなの介護 南足柄